コンテンツ
 
ホーム
コンテンツメニュー
会社概要
事業内容
トカダの意味
サイトマップ
リンク
お問い合わせ
慢学インドネシア
   
 
BACK CONTENTS MENU NEXT

インドネシアの日常生活

「メダン情報・生活案内 その2」

ドリアン賛歌

こんにちは。インドネシア・北スマトラ州メダンから、西川です。

ここメダンは人口約300万人都市だそうですが、その3割を華人が占めていることもあって、ジャワやバリなどインドネシアのメジャーな地域とは少し違った雰囲気が楽しめる街であります。ジャカルタなどでもショッピングに行くと華人が想像よりも多いので驚いたことがありますが、ここメダンでは福建語が半ば公用語化しているほどなんですね。プリブミ系の人たちでも、商店やレストランで働いている人はもちろん、ベチャの運転手までも、ものの値段くらいなら福建語を使いますし、日本人などモンゴリアン系の顔立ちをしていると、こっちがインドネシア語で話しているのに、顔つきから「こいつは福建人だ」と決め付けられて福建語で無理やり会話してくるのでときどき、本当に応答に困ります。

 ところでもうすぐ旧正月ですねぇ。ここでは旧正月はめちゃくちゃ盛り上がるんですよ。「新年だろー、もう少し厳かにしてちょうだい」なんて日本人の感傷はまったく無視され(ってそんなに日本人も住んでいませんが)、ちゃんちき、ちゃんちき、あの垢抜けないメロディが町中に響きます。
別にお役所かどこかがスピーカーで流しているわけではないのですが、各家庭のリビングで大音量の「中国正月ポップスVCD」を流しているのです。年齢が二十歳台後半の日本人のわたしにはつらいものがあります。耳障りなんだもん。しかも、お化粧した8歳くらいの女の子が集団で品をつくってうたっているものなんて、かわいいんですかねぇ。わかりません…。それでも、中国獅子舞などが家に来ると、なんだかうれしくなってしまうんですけどね。ちなみに華人の間では、お年玉(紅包)の金額はRp20,000前後らしいです。かわいい赤いぽち袋に入れられています。

こんなメダンですが、あまり外食については日本人の評判は芳しくないのです。
「華人はグルメだ」というイメージがありますが、メダンの中国料理レストランで「おいしいな」と思えるのは2〜3軒くらいでしょうか。化学調味料の味を感じる料理屋も多いのがちょっと…。
そして洋食に関しては、最近、オシャレなカフェ風レストランが増えたものの、やはりいまいちです。いい食材の調達がここでは難しいので仕方ないのですけれど。
しかし、しかし、それでもスマトラの自慢「パダン料理」「ミナン料理」を食べると満足するんですね。本場ではないですけど、素材によって微妙にかわってくる繊細ともいえるスパイス使いが、もう毎日食べても飽きないなぁ、と感じます。実際、毎日は食べませんけれど。食材も、テンペ、チキン、魚、野菜をそれぞれ揚げたり蒸したり煮たり炒めたり調理法を替え、ソースを替え、限られたものが何種類もの料理となり、ずらりと並ぶのです。

そして、もう、心から「メダンに住んでよかったぁぁぁ」と思えるのが、ドリアン。
シーズンごとに、1年に2〜3回とれるのですが、12月のものがいちばんおいしいといわれています。それにしても、ドリアン、おいしいんですよ。ほんとうに。ガイドブックなどには「くさい」だの「においが強烈」だの書かれていますが、本当はあまったる〜い、ねっとりとしたにおいなんです。私が初めてドリアンを食べたのはインドネシアではありませんでした。そのドリアンは、大根がくさったようなかんじでしたので、二度と食べるものか、と決心をしたのですが、メダンに住むようになって、たびたび勧められるので断りきれず食べてみたところ…。ここのドリアンは、まさに美味。ラム酒入りカスタードクリームのような濃厚な味わいとクリーミィーさですっかり虜になりました。

今では、ドリアンをみると、食べずにはいられないくらいの中毒です。しかも、モカ風味だったり、いろんなおいしさがあるんですよ。ドリアンの殻を割った時、どんな味がするんだろうというわくわくする気持ちは、友達からもらった贈り物をどきどきしながら開ける気持ちに似ています。ときどき、がっかりするようなまずいのもありますけどね。ドリアンに含まれるアルコール分の醗酵が進むと苦味が出て来るそうで「通は苦いのが好きなのよ」と物知り顔でいう人もいますが、やっぱりわたしは甘いものが好きですね。

ところで、わたしには1歳半の娘がいて、まだおっぱいを飲んでいますが、ドリアン
を食べると、ものすごく母乳の出が良くなります。

ジャカルタでも「ドリアン・メダン」と書かれたワルン・ドリアン(道端でドリアンを提供する屋台。その場で食べます)をよくみかけましたので、インドネシア国内でもメダンのドリアンはおいしい、ということになっているのでしょう。
ちなみに、インドネシアのダンキン・ドーナツ・チェーンの店には、中にクリームの代わりにドリアンを入れたドーナツもあります。おいしそうな気がしますが、食べる気にはなりません。ドリアン、大好きですが、ドリアンアイスクリームやドリアンケーキは、ちょっといや、かなり苦手です。(2001年12月27日)

(西川和歌の自己紹介)
メダンに住んで2年になります。最近、仕事の関係で北スマトラ州・インド洋側のシボルガという町に引っ越しました。ここで北スマトラ州における漁業の新しい可能性を探したいと思っています。

メダン情報その1.へ


 
 
BACK CONTENTS MENU NEXT
   
    Copyright (C) 2008 TOKADA. All rights reserved.