慢学インドネシア インドネシアA〜Z
 
ホーム
コンテンツメニュー
会社概要
事業内容
トカダの意味
サイトマップ
リンク
お問い合わせ
慢学インドネシア
   
 
慢学インドネシア目次

漫学インドネシア A〜Z

{B}B:6.5%
 Babi   豚
禁畏タブーで最も強い。華人と仲が悪いのも彼らが豚を食うからNajis汚いけがらわしい 大便、戒律に従わないからだと。だが悪口ではアンジン(犬)の方が上位だ。宗教は'信'だから何で食べないの?などと聞くのは野暮を通り越して大変失礼だ。 Anjin Lu犬奴!

 Bagi 等分 分割  Bagian 分け前
これから出てくる項目の中に、上下の差のない公私にわたる腐敗汚職贈収賄への失望をこの地の文化だと嘆くのは滞在型外国人が等しく悩む命題である。それが文化と謂うのは、此処に個人は存在せず家族眷属集団の部分でしかなく、麗しい標語GotongRoyong(ジャワ語相互扶助援けあい)で示されていて個はその為にある。イスラムは個の平等と分配(セデカ喜捨)を五大要素のひとつにしている。村労働と収穫は総出で行ない等しく分配される伝統から、この地では一人占めが最も唾棄される行為だからOrangBesar少数(役員社長)が利を独占する事などあってはならずTututUriHandayani(お爺さんが孫に手を差し出し転ばないようにするジャワ語)、OrangKecil多数はそれにManja甘える。集団(役所会社)はその狩場であり社員が正当報酬(極めて少ない)外のBagian余禄を探すのは当然の習慣である。ダメージを受けるのはオランブッサールではなく得体がしれず見えない組織なのだ。かくして組織は早晩食い潰されてしまうが誰も損しない。また違う畑を探すだけだ。
合弁企業の外国人社員はオランクチールの数百倍の報酬を得ているのは知識経験に差があっても神の平等の前には許されないし喜捨もせずその非合法を侮蔑するだけだ。かくしてこれは文化の域にまで昇格する。血を流して得た自尊独立世代は交代し、人口の62%がウリハンダヤニ金権にまみれた消費経済に始めて投げ込まれた人々で占められて、俺だって一度くらいマクドナルドで食ってみたいとゆうオランクチール(小人)が大部分。
所得格差が百倍もある邦人ではインドネシア諸事は永久に解からないだろう。

 Bagus 美しい 良い
日本兵が覚えた数少ない言葉のひとつで、今でも日本人は事ある毎にバグース!と言って親指を立て不気味な笑顔を浮かべるが、日本で親指を立てて賞賛を表す表現は昔は無く彼らが最初でアメリカからではないとする民俗学者。人指し指を額に斜めにかざすのは頭がおかしいGila気ちがい、親指人指し指をこするのはオカネの指表現で、丸を作るのはここでは卑猥だ。誉め言葉はいっぱいありAsyik愛 夢中 熱中いい舞台で喝采するような時バグスよりぴったり、Pantas 巧み似合う格好いいなどどうだろう。

 Bahasa  言葉
インドネシア語(国語)は簡単だとゆう人はたぶん「Nasi(飯)はなし菓子(Kue)はくえ食え魚(Ikan)はいかん」と覚えたのだろう。多民族の交易語だからだとゆうが四百もの地方語があるから場所により人により異なる使い方をするし、サンスクリットはじめアラビア語葡蘭英語など多くの移入語や省略語があり、私達には未知なる吃音喉音語尾無声音などで意味が大きく変るし曖昧文法らしいから、習得には私達の硬い舌の訓練には限度があり完成はない。世界百言語のテープを聞くと身贔屓からかムラユインドネシア語が最も耳に心地良く響くのは常夏の国で唇が寒さで萎縮していないからと北方圏語と比較してそう想う。
常時国語を喋る人はまだ30%ほどだが、広大な地域の民族と言語をBersatsu(ひとつ)への念願から最大多数派ジャワ語(40%)でなく地方語(Melayu語)を採択した共和国の数少ない叡智、彼らは完璧なバイリンガル。                  ⇒ 言葉

 BAKIN Badan Koodinasi Intelijen Negara 国家情報局
スハルト政権が発足させた怖い情報機関で、イスラエルモサドに匹敵する陣容で翼賛御用政党ゴルカルを擁護し反政党華人社会共産主義者及びバパ(大統領)に楯突く組織壊滅に成功した。Lurah(隣組)KTP(人別カード)で相互監視と徹底的な弾圧で、物言えば唇寒しの国になってゆく。新体制で解体されたと聞くが伝統は残るのが世の常なのが気がかりだ。

 Bali バリ島
「インドネシアってバリの一部?」と聞かれるほど日本ではバリは群を抜く知名度で、日本女性の海外居住地では一位だとゆうが、全土に占める面積は0.3%に過ぎない小島。
バリヒンドウは一生葬式をして暮らすと陰口されるが、どことなくお地蔵様文化と似ているのか安らぎを感じるのかもしれないが、身分家柄でがんじがらめだから坊さんとビーチボーイでは天地以上に違い、婿さん選びは慎重を期さなければ一生悔いを残す。天にも届く棚田も女の重労働で維持され男は闘鶏と祖先供養に明け暮れる。
生まれた順にWayang Made Nyoman Kutut,と名前が決まっていて代えることはできない。食堂で「ニョマン!」と呼べば1/3が振り向く。
島は海から山頂(霊所)に続く縦の道で、島を巡るリング状の道は極めて少ない変則さがある。
うち続く王国同士の戦いで疲れ芸能で勝敗を決する(技巧ではなく連続演奏時間)風習が生まれ、現在の歌舞音曲の島になったと穿った見方をする人もいる。観光客に人気のKecakも1931年ドイツ人のアレンジだし底辺が広いからこれからもいいリズムが生まれるだろう。女性が胸を隠すようになったのは'政令'で、スカルノ(母バリ人)が外遊から帰った50年代のことである。島の北側(ジャワ海)に良港がない為、殖民軍は興味なく通過してしまったが、1908年オランダ軍最後の総攻撃はププタンの玉砕(死者4000人)で終った。今広場は外人観光客が闊歩し悲劇の記憶は消えた。ビーチやスポットにたむろする人の多くはジャワ、マドウラからの出稼ぎ。

 Bambu 竹
この地は30属1000種ある竹文化圏だと思う。生活習慣文化に等しく透浸している。竹編みの壁は風が通り快適だがプライバシイとかいわれるとやや問題があろう。バンブは英語なのか英語に用いられた固有語なのか知りたいものだ。スマトラではBuluhだが。
 
 Bangsaan  民族 国民
ひとつの国ひとつの民族ひとつの言葉を国の礎とした共和国にはそれが無かったからだ。
幸か不幸かわが国で改めてそれを確かめる必要がないのとは両極に位置する。
オランダは意識的に地域を分断し共通言語を認めず交流も極端に制限したから民族主義者は意思の疎通が困難だった。独立後、驚くべき成果で義務教育と国語の普及に成功したがまだ半世紀しか経っておらず薩摩と会津、蝦夷以上の隔たりは当然大きいし都市と地方の格差、貧富、人々の意識、知識、情報などは、どこの町の蕎麦の味も変らず、課長と運転手農夫の所得も殆ど同じで親子子供二人家のローンも残る単一民族とでは想像を越えている。インドネシアはね、と言われても俄かに信用は出来ず、何処に住んだか人々のどのランクと知り合ったか何をしたのかでインドネシアの印象はがらりと変わるだろう。
企業の辞令ひとつで数年を定められた場所で勤めた人、政府派遣員、技術者、五日ほど楽園バリで遊んだ人、山中でマラリアに怯えながら現場従事した人、日本人学校教師として児童と一緒に体験した日々、事業で損した商人−だいたい大多数の滞在邦人。
大多数の邦人は女中と運転手とAC(エアコン)を通して垣間見たこの国の姿ではないか。
日本人日本語を喋り平和憲法日本になるまでにはまだ果てしない実験が続くだろうが、それが理想かどうかはわからない。Bangsaan民族は日本の六倍弱の面積以上に異なる。

 Bapa 父
目上の男子への尊称だったが今は誰彼の区別なく使われる。大臣にお車曳きにも。
外国人にはTuan(旦那)、仲間にはSaudara(同志)だったが今はAnda。女性名詞でSaudariとは謂うがAndiと謂わないのはなぜ? 人称代名詞は浜の真砂ほどある。

 Batak バタック族
北スマトラ七族程(Tapanuli,Mandairing,Angkola,Kalo,Toba,Simarungun,Pakupaku)の山岳種族の総称。低地に殖えたが州都メダンが母都ではなくあくまで山上トバ湖周辺が故地。19世紀頃まで他種族の侵入を拒んだので空白の地域に宣教師団が布教したがその多くは帰らなかった。文字はじめ高度な社会を持つカルバニズムは世界でも稀有。野卑とも誤解される活発な性情は多くの軍人を輩出し、陸運(運転手など)で活躍する。音楽才能も非凡なのは顎骨が張った四角顔が多いからか歌謡界に足跡。低地以外はクリスチャンが多い。

 Beca 三輪人力車
涼風を受けながらゆっくりと移動するリンタクは南国の風物詩だったしひとつの失業対策でもあったが首都では交通渋滞の元凶と駆逐されたのは交差点脇で客待ちするからだ。地方により前乗りと横乗りがある。
人力車もエンジン音を撒き散らすBajaj,Bemo(Beca+motor),Ojek(バイクふたり乗り)と進化した。乗合いMikroretやAngkutan(輸送機関)を使えば濡れないで帰宅できるから先進国より進歩しているとも謂える。地方からの出稼ぎ人の最初の稼ぎ場だ。

 Belanda オランダ
オランダは根こそぎ持っていったから旧イギリス殖民地などと比較しオランダが残した文化は極めて少ない。ポルトガル・スペイン領では混血が多いのに較べて統治の割にインドネシアに蘭人混血が少ないのは住民を土人以下の猿にしか認知していなかったからだろう。
本国は極低湿地でヴァイキング以外に食指をのばす国もない不毛地で、それは逆に強大な権力に屈服した経験もない反面、隣国の豊かな農地に嫉妬する性格から自分勝手でケチ偏屈で執着心の強い狭量な原形が出来たと云われるからダッチと付く喩えに良い言葉はない。ダッチアカウント−Go Dutch:割り勘ではなく相手に払わせる会食ケチの意、ダッチワイフ:結婚費用倹約の為自慰するケチ我が侭勝手なオランダ娘よりいい。Dutch Courage:酒の上での空元気、Dutch Auction:ごまかし、せこさ、値段を下げて行く落札法叩き売り、Dutch Uncle:自分は棚にあげて人を批判する人Dutch:賭方を誤る、台無しにしてしまう。オランダ人の損に対する執念深さで、大切な銭の泉植民地を日本に奪われたから戦後東京裁判でのオランダ判事の日本兵絞首刑は226人と他戦勝国に較べて段トツに多かった。オランダには不必要とされた戦争特別賠償四十八億円(現換算で1400億)を支払う。55年経った1991年ヴェアトリクス女王宮中晩餐会答辞で「太平洋戦争で数多くのオランダ人が犠牲になり十万の民間人が何年もの間勾留された」と発言し天皇返答に困り物議を醸した。

 Betawi ジャカルタ DKI(DaerahKususIbukotaJakarta母なる特別市)
チリウン川河口の低地スンダクラパに異人交易所が出来てから五百年、何回も名前が変る変転で一千万都市になったが巨大な田舎町。上空から眺めると緑葉の中に赤い屋根が連なる景色はこの地がTanahAbang(赤い土地)と呼ばれたせいだ。オランダ殖民中枢Bataviaの面影が殆ど無いのはこの地の強い生命力か。高層ビルの谷間にバナナの葉がそよぐカンポン(村)が占据する奇妙な調和。衛星都市Jabotabek(JakartaBogorTangerangBekasi)は政治経済の独占、外領人の流入で地方と全く異なる姿を見せている。純粋ブタイっ子は江戸っ子と同じで知り合うのに苦労する程少ない。普段ジャカルタはあまり使わずDKI(デーカーイー)とかBetawiと呼んでいる。            ⇒ 大ジャカルタ

 Biar 放置 
ほうっておけ、どうせと投げやりじみた謂い。どうせ俺らは枯れすすきのどうせで、よく使われるのは苦労が報われないことが多いからかもしれない。

 Bicara 話す
インドネシア語は簡単だと日本人の多くは、話すと言うときビチャラを使うようだ。
これで通じるからといつもBicaraで通しているようだが、この語の本来は話すよりむしろ
意見とか会議の意味あいが強く、日本語の話す、語る以上に多くの語彙がある。
Bicara話す意見kata語話すOmong言葉言うCakap話すUcap話す表明 Bilang日常話す Bincang話す談合Ngobrolお喋りSebut言うBerunding話し合う Bisik囁く Teriak叫ぶ Terompet呶鳴るSenda雑談Canda冗談噺Cerewet罵るGurau笑い話Umpat陰口をゆうCerita物語るKecek噂話Omelべらべら喋るUtara表明 Nyeneh雑談 尋ねるRewel多弁 Rencana申す Canda 冗談 Celoparほら Buras云う喋るNyata言う宣言Tutur言葉Hujah悪口Anglong戯言、まだまだ終らない。

 Biduan 歌手
インドネシア語で歌手は唄うNyanyiに人称接頭詞をつけPenyanyiと謂うが単独で立派な名詞があるのはこればかりではなく我々が知らないだけだ。

 Bin 子息
ビンラデン、ラデンの息子。イスラムにMarga(苗字)はなく名前だけだが同名が多いので
(Hasan Muhamad Takdir Salim Huseinなど)父の名を加える場合があるが此処ではRubis
binLaden等は一般的ではないのはイスラムの透浸度のせいか。父の名は頭文字で残す。

 Bisu 唖
Butaは盲目、Pincangびっこ、Tuliつんぼ。人権からひと言で済む言葉を'話すのが不自由な人'と言わねばならないご時世だが立派な単語を使わないのは納得できない。
使う事が差別蔑視には決してならないのに。無口の人、答えない人はPendiam。

 Bingung 当惑 迷う 不安
この表現にあまたあるのに会話では殆どビングンで済ましている。Bimbang Risau,Ragu

 Bhinneka Tunggal Ika 多様性での統一
サンスクリット語でMANY ARE ONE、インドネシアの国是である。古来東西文化の回廊地域で言語習慣宗教を異にする多民族統合の国家建設は一大実験場と注目されている。
単一国日本とでは想像を越えた'多様性'で眼も眩む多彩さで展開される。

 Borobudur ボロブドウール遺跡
歴史時代初期に隣接地帯のインド化が進んだ時代ジャワの水準は高く大乗仏教王シャイレンドラ朝が八世紀前後に建造した。よく解からないがどうもインドシナ・チャンバ(アンコールワット)の影響があるのではないか。ピラミドではなく丘に安山岩で一辺150b高さ50b八層頂部に等身大仏像500、基層周囲に約3000枚の俗界色界から涅槃に至るレリーフで蔽われている。多数の職人(テクニカルアシスタント)が海外から参加したのは石版からも窺える。下段は建造当初の熱意と現世煩悩を彫って深いが、数代過ぎた天上界は理想と想像で彫りが浅いと聞いた。ムラピ山噴火で埋没しジャワはその後ヒンドウ、イスラムと移り忘れられたが1814年ラッファルズにより発掘された。風化が激しくユネスコや日本が復元したのは1983年。共和国には巨石遺構は多いが殆どが放置されている。

 Boros 浪費
燃費が悪い時dimakan bensin banyakとは云わずboros bensin。形容詞は名詞の後につけるkota besar大きな町badan kecir小さい身体と習ったがBangat,Amat大変、非常になどは前につける時もあり様々だ。

 Budi 善意 理性 賢明
どうして同じ単語で悪巧み、ずるいなのか謎だが通常は善い方だけに使うようだ。
恩返しはKembali budi で決して目立ったりわざとらしく分かるような返礼はいけない。
さりげなく返し、後で気ずくのがいいといったルールがあり意外と大切で何度か経験した。
仕返しはBalas Dendamで、面と向かって切り合うのでなく黒魔術で呪い殺すとか毒Racunが好まれる。庭の四隅に見慣れないお札が刺さっていて誰かが私に呪いを懸けているのだと教えられたことがあった。習慣の違いから無意識に相手を傷つける場合もある。恨みを長く抱いても表に表さないで機会を待つといった種族もいるから言動には注意した方がよさそうだ。なにせ外人は相手の土俵にいるのだから。

 Bukan 否定
Tidak否定。人または行動の否定と辞書は書くが要領を得ない。反問する時は前に正すときは語尾につけるが用法はtidakとは明かに違い、この感触が解れば学習は中級に進める。
                                ⇒ イエスとノー

 Bulat 丸い 球形
丸いのにボールはBolaでbulatとは云わない。地球はブラットなのにBola Dunia.

 Bulu Tangkis バトミントン
最初耳にした時Blue青い寂しいTangis泣くなのに何故はしゃいでいるのかと訝ったが、
羽で逆襲する遊びと知り納得した。数少ないオリンピク金メダル種目で凱旋したが、スポーツで選手はすぐCapek ah!疲れたと意欲に欠ける。サッカーは日本などまったく敵わなかった時代もありワールドカップはアジア最初の出場(1938)だったのだから,メガワテイ大統領のヘアサロン代を強化にまわすだけでひとつのインドネシアに近ずくのだろうに振興策はない。体重別(Boxing)等コーチが良ければ有望種目は多い。動体識別眼が非常に良くCopetスリに使うだけでは惜しい。ちなみにSeriは女性名でなく引き分け、パスはUmpan餌、ハンドはHengとゆう。

 Bungkus 包み
バナナの葉は殺菌作用もあって包装に最適だが近頃はビニール袋だから川が詰まる。首都の下水道は完全に塞がれた。買い食い(Jajan)が多いからブンクスは上手で蝋紙が多い。

 

 

 
 
慢学インドネシア目次
   
    Copyright (C) 2001 TOKADA. All rights reserved.